職場が変わったことによりむくんだ足のむくみの対策法

 

私はもともと銀行の窓口で働いていました。

人間関係が濃くて、人と人との距離も近くて疲れてしまうことが多々ありました。

なので、人間関係が希薄そうな工場を選び、転職しました。

食品工場のライン作業でずっと同じ姿勢で立ちっぱなしなので、足がむくみやすくなってしまいました。

また前職と転職のストレスで塩っ辛いものを食べてしまったり、睡眠不足などの原因もあり、むくみやすくなりました。

数秒指で圧迫した後に、その痕がくっきり残ったり、1日の体重の変動が激しくなったりしました。

また、食べていないのに周りの友達や知り合いに太った?とか丸くなったね。と言われるようになってしまいました。

これではだめだと思い、改善方法を調べ、まずは食べ物から治す方法を調べていきました。

まず第一に挑戦したのが、お茶を頻繁に飲むことです。

利尿作用があり、温めたら血行促進効果もあるということなどで、なるべく温めてたくさん飲むようにしました。

元々自分からお茶を飲むことが少なく、出されたら飲むというようなお茶の飲み方をしていたので、変化を感じました。

またストレスからの睡眠不足を改善するために、果物や野菜などのビタミンをとったりしました。

睡眠の質を改善させるため、眠る2時間ほど前に入浴を済ませること、コーヒーなどのカフェインは午前中までに摂取すること、寝る前などにブルーライトを浴びないことを徹底しました。

1番辛かったのは、夜ご飯後のコーヒーが飲めなくなってしまったことです。

夜ご飯の後に一服するのが楽しみであり、幸せでしたが、睡眠の質を改善し、むくみを治すために我慢しました。

また私は自分で家族の料理を作っているのですが、なるべく塩分を少なくして薄い味付けにするようにしました。

味が薄いと文句を言われてしまったので、それからは自分用に薄味の塩分少なめ料理を一人分だけ作るようにしました。

また寝るときに着用するとむくみが取れるというメディキュットを履いて寝るようにしました。

たまに履くのを忘れてしまいますが、家族に報告するようにしてからは履き忘れがなくなりました。

これらの努力と家族の応援甲斐あって、最近では少しむくみが取れたような気がします。

まだ指で圧迫すると痕は残ってしまいますが、1日の体重の変動の激しさはなくなりました。

また、周りの友達や知り合いにも少しスッキリしたね!と言われて嬉しかったです。

痕が残らなくなるくらいまで、むくみを取りたいので、この生活習慣を続けていきたいです、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です