嫌~なむくみから解消される方法

むくみの原因

むくみに悩んでいる方はいらっしゃるでしょうか。

朝は良いけれど仕事が終わるころには足がパンパン…靴がきつくて足が痛い…。辛いですよね。そもそもなぜむくみが起きるのでしょうか。

一番多いのは塩分の摂りすぎや暴飲暴食、睡眠不足、過労などの乱れた生活習慣によるものです。

人の体のほとんどは水分でできています。

体の中では細胞と血液の間で水分をやり取りし生命活動を行っています。

そのバランスが崩れてしまうといらない水分を排出することができず、細胞や皮下に溜まってしまうという現象が起きます。これがむくみとなるのです。

一日中同じ姿勢をとっている場合など血流やリンパの流れがが滞ってしまい、水分をうまく移動させることができなくなってしまっているのです。

ただ1つ注意して欲しいのは、むくみには全身のむくみと足など一部の局所的なむくみと2種類あります。

全身のむくみ(特に突然むくむようになったり顔の腫れ、呼吸困難を伴う場合)に関しては内臓疾患が隠れている可能性もあるので、一度病院に行くようにしてください。

数時間すると治るものなど一過性のものは病気ではなく、血液やリンパの流れが悪くなった結果のむくみと考えてよいでしょう。

嫌なむくみの解消方法

では、一過性のむくみはどのようにしたら解消できるのでしょうか。

1、温める

身体が冷えてしまっていると血流が悪くなり血流やリンパの流れが滞ってしまいます。

お風呂にはいったりして身体を温めましょう。

また、末端が冷えやすいので半身浴や足湯など冷えやすい部分をピンポイントで温めるのもおすすめです。

2、運動

筋肉が弱くなると血流が弱くなってしまいます。そうするとリンパの流れが滞りむくみにつながります。

少しの時間でも歩くようにしたり、休憩時間に足をストレッチするなどして筋肉を動かすようにするとよいでしょう。

歩くときには、しっかり足を上げて歩くようにすると良いと思います。

そうすると筋肉がいつもよりたくさん動き、むくみの解消ができます。

3、マッサージ

運動と同様マッサージも有効です。

むくみがあるとマッサージをするのも痛みを伴う場合がありますが、そんなに強くマッサージする必要はありません。

香りのよいボディクリームを使用し、皮膚をさする程度の弱い力でよいので足の裏から太腿・足の付け根までゆっくりとマッサージしてあげましょう。

4、食生活を考える

カリウムやマグネシウムなどミネラルをなるべく取るようにし、バランスの良い食生活を心がけましょう。

血管や細胞の浸透圧を整え、水分のバランスを取ることができるようになります。

いかがでしょうか。むくみは辛いですよね。

少しでも快適に毎日が過ごせるよう、ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です