むくみに悩まされていた日々が、お灸の効果で劇的に変化しました。

女性に多い身体の悩みとして、常に上位にランクインするのが、「むくみ」です。

いくら食生活に気をつけようとも、適度な運動を心がけようとも、一度老廃物を溜め込むようになった身体はなかなか思うように改善しないものなんですよね。

朝起きたら顔がパンパン、立ち仕事の後はヒールがきついなど、日常生活でむくみの辛さ、煩わしさを感じて居る方は多いと思います。

当方、ふだんパーソナルトレーナーとして生計を立てていますが、これだけ身体を動かす私でも、ホルモンバランスが乱れるタイミングで必ずむくんでしまう体質でした。

酷いときには、むくんでジンジンした足がどうにも気持ち悪く、気になってなかなか寝付けないなんて日も。そんな日が続くとさすがにストレスフルで、すこしでも改善したいと思い調べた結果、思ってもみなかったところに改善策がありました。

この記事では、その改善策、ずばり「お灸」の効果について話したいと思います。

20代の私にとって、ふだんあまり馴染みのなかったこの「お灸」ですが、使い始めたのは友人のススメがきっかけでした。

私が購入したのは、ドラッグストアやネット通販で簡単に買える、至極オーソドックスなせんねん灸 。

せんねん灸は初心者向け、上級者向けと5つのレベルに別れており、私はその中でも最も温度の低い「ソフト/竹生島」を選択しました。

初めて試す方はこのように、レベルの低いものから順に使用する事を推奨されている様子。

使い方は至って簡単で、つぼの上にお灸を乗せて火を点け、じんわりと暖かくなるのを待つだけです。

ご存知の通り、身体には色々なツボが存在します。

その中で、私が一番むくみの改善に効果を感じたのは、復溜というツボでした。

フクリュウと読むこのツボには、身体の芯を温め、余分な水分を排出してくれるという効果が。セルフでお灸をする場合にも比較的簡単な場所にあります。

加え、足三里というふくらはぎのサイドにあるツボもむくみには効果的。足三里には、足の疲れや痛み、また体力増強と、マルチな効果があるようです。

この二つのツボに、毎晩寝る前のお灸を据え、約1ヶ月ほど経ったとき。「なんかすごいスッキリしてない?」という周りの声と同時に、自分自身の身体がすごく楽になっていく様を感じるように。

特にお灸は、据えて居る間にももぐさのホッとする香りを感じられ、なんだとてもリラックスできるアイテムでした。

毎日続けても問題ないようなので、自分に合うツボをしっかり見つけて、これからも楽しく正しく使用しようと思います。

むくみが気になるあなた、是非寝る前のお灸を試してみてください。

職場が変わったことによりむくんだ足のむくみの対策法

 

私はもともと銀行の窓口で働いていました。

人間関係が濃くて、人と人との距離も近くて疲れてしまうことが多々ありました。

なので、人間関係が希薄そうな工場を選び、転職しました。

食品工場のライン作業でずっと同じ姿勢で立ちっぱなしなので、足がむくみやすくなってしまいました。

また前職と転職のストレスで塩っ辛いものを食べてしまったり、睡眠不足などの原因もあり、むくみやすくなりました。

数秒指で圧迫した後に、その痕がくっきり残ったり、1日の体重の変動が激しくなったりしました。

また、食べていないのに周りの友達や知り合いに太った?とか丸くなったね。と言われるようになってしまいました。

これではだめだと思い、改善方法を調べ、まずは食べ物から治す方法を調べていきました。

まず第一に挑戦したのが、お茶を頻繁に飲むことです。

利尿作用があり、温めたら血行促進効果もあるということなどで、なるべく温めてたくさん飲むようにしました。

元々自分からお茶を飲むことが少なく、出されたら飲むというようなお茶の飲み方をしていたので、変化を感じました。

またストレスからの睡眠不足を改善するために、果物や野菜などのビタミンをとったりしました。

睡眠の質を改善させるため、眠る2時間ほど前に入浴を済ませること、コーヒーなどのカフェインは午前中までに摂取すること、寝る前などにブルーライトを浴びないことを徹底しました。

1番辛かったのは、夜ご飯後のコーヒーが飲めなくなってしまったことです。

夜ご飯の後に一服するのが楽しみであり、幸せでしたが、睡眠の質を改善し、むくみを治すために我慢しました。

また私は自分で家族の料理を作っているのですが、なるべく塩分を少なくして薄い味付けにするようにしました。

味が薄いと文句を言われてしまったので、それからは自分用に薄味の塩分少なめ料理を一人分だけ作るようにしました。

また寝るときに着用するとむくみが取れるというメディキュットを履いて寝るようにしました。

たまに履くのを忘れてしまいますが、家族に報告するようにしてからは履き忘れがなくなりました。

これらの努力と家族の応援甲斐あって、最近では少しむくみが取れたような気がします。

まだ指で圧迫すると痕は残ってしまいますが、1日の体重の変動の激しさはなくなりました。

また、周りの友達や知り合いにも少しスッキリしたね!と言われて嬉しかったです。

痕が残らなくなるくらいまで、むくみを取りたいので、この生活習慣を続けていきたいです、

脚がむくむと脚が重くなるし体全体にだるさを感じるようになる

普段デスクワークが多かったり、海外出張で、6時間以上もの間飛行機に乗っていることがあり、長時間同じ体勢でいることが続く生活をしているため、かなり脚がむくみやすいです。

普段のデスクワークでは、3時間程、同じ体勢でいる事が良くあります。

そのため、すぐに脚がだるくなってきます。脚がだるくなって来たら椅子の上に脚をあげて、なるべく脚を高い位置に持ってきたり、脚を揉んだりすることで、水が下半身に溜まらないように気をつけています。

また、帰宅後は、寝るときに脚を高くして寝たり、加圧タイツを履いて寝ることをしたりすることで、脚のむくみを解消させています。

しかし、出張や、旅行の時はなかなか普段出来ているむくみ改善方法を行うことができないため、とても辛いです。

まず、飛行機に長時間乗ると言う状態は、かなり脚がむくみ、血流も悪くなっているせいか、全身がだるくなります。狭い椅子の上だと動きも制限されてしまいますし、通路側の席が取れなかった時はなかなかトイレに立つこともできず、ほぼ動かないでフライトを過ごします。そうすると、靴下との境目がぼこっとして、靴下の淵の上と下で、指の半分くらいの太さの違いがぐるっと一周分出てしまいます。

この時点でかなり脚が重く感じていて、その上、寝不足やストレスで体力的にも厳しい状態になっています。脚がパンパンの状態で宿泊する宿に行くのですが、ビジネスホテルや、海外のホテルは、基本的に床に寝転んだり、ゆったりお風呂に浸かったりということができないため、普段行なっているむくみ改善ストレッチや、脚のマッサージが十分にできません。

慣れない環境で、寝起きをし、脚がむくみ晴れた状態で、次の日歩き回らなければならず、宿に戻ってきても、十分に脚を伸ばすことができず、毎日脚が腫れた状態で、悪循環に陥ります。

ここ最近感じるのは、床に寝転んだり、床に座ったり、といった床を使った生活をすると、脚のむくみが軽減されると感じています。

床を使う事ができない生活をすると、意外と体に負荷がかかっているのだと思いました。

洋式の建物やお部屋は確かにかっこいいですし、スタイリッシュではあるのですが、やはり和風の段差の少ない部屋の作りが、体をリラックスさせるのではないかと思います。

空間の中のどんなスペースも使うことができる状況というのは、気分も解放することができますし、肉体的にも解放する事ができます。

バリアフリーの広い空間は、体の疲れを癒してくれます。